書評 一覧

るびりん書林 別館でご紹介している書評の一覧ページです。
カテゴリを選択することで、絞り込みできます。


↓サイト内検索もできます。

検索:

神話伝説辞典2017年08月19日 19:00

  
  
神話伝説辞典朝倉 治彦
  
  


書評:普段から交流のある国文学、民俗学、神話学を先行する四人の学者が共同で編集したこの辞典で、この地の人々が伝承してきた重要な知識を綜合的に振り返る

この辞典にとりあげた神話、説話、伝説、昔話などは、それぞれの分野においては研究も進み、かなりの成果も挙がっているが、世界的な視野からする日本神話の研究と、文献記録にもとづく説話研究と、もう一つは基層文化の中でとらえようとする口承文芸研究とは、必ずしも十分な提携交流がおこなわれているとは言いがたい。

海女の島 舳倉島[新版]2016年07月12日 21:31

海女の島新版 [ フォスコ・マライニ ]
価格:1944円(税込、送料無料)




書評:■海の民に会い偽善とタブーから解放されたイタリア人■

≪この地域は、亜熱帯気象の地方のうち、全く世界唯一の土地である。地球上どこにも、夏の亜熱帯的暑気と湿気とのこのような妙な組み合わせのところはないし、冬には真っ白な深い覆いに包まれて著しい対照をなす土地である≫

あと40年健康を保つ 自然食の効力2016年07月12日 21:23

  
  
あと40年健康を保つ
自然食の効力
栗山毅一(著)
  
  


書評:■生野菜と果実が人間本来の食べ物であることを指摘した昭和43年の本■

登山の酸素不足は生野菜を食べて小腸から補う。

未開人のエロス2016年07月12日 20:39

  
  
未開人のエロス白川竜彦 (著)
  
  


書評:■私たちに性についてもう一度考える機会をくれる、広く世界中から取材され、独自の情報も多いが、少し怪しい本■

アマゾンのヒバロ族による乾首作りの章もあり

縄文人の入墨―古代の習俗を探る2016年07月12日 19:52

縄文人の入墨−古代の習俗を探る【中古】
価格:1000円(税込、送料別)




書評:■民族学的アプローチを目指す考古学者が入墨を通じて縄文人を探る/社会生活において必要とされる伝統的入墨の風俗を広く紹介■

生きていくうえで必要なものとして存在していた入墨。本書のような本で伝統的な入墨について知ることは、「物」ではない存在として人が生きるということの意味を考えるきっかけになるのではないでしょうか。

性風土記2016年07月11日 19:36

性風土記 [ 藤林貞雄 ]
価格:2376円(税込、送料無料)




書評:■性を当たり前に組み込んだ生き方■

性を異様に取り締まり、子どもを性から遠ざけ、性的な関心を持つことを罪悪視させたい人々が、忘れさせたい本当の日本人がこの本に描かれています。

象は鼻が長い―日本語文法入門2016年07月11日 19:12

象は鼻が長い [ 三上章 ]
価格:2376円(税込、送料無料)




書評:■英語からの借用ではうまくいかない日本語文法■

学校で教わる日本語文法が肝心の実態とかい離しているという、深刻な事実

森の猟人ピグミー(「現代世界ノンフィクション全集9」))2016年07月11日 18:59




書評:■良質なフィールド・ワークで知る「森」の持つ意味■

ピグミーの家をネットで検索してみてください。このような場所に暮らす人々が、神聖な存在とともにあり、有意義で充実した生活を送っています。

アイヌ―歴史と民俗2016年07月11日 18:22

  
  
アイヌ―歴史と民俗更科源蔵(著)
  
  


書評:■日本の狩猟民アイヌの伝統的な生活を概観できる良書■

冬の間毎日雪山で生活した昔のアイヌの人達に、冬山遭難の話はない。