書評 一覧

るびりん書林 別館でご紹介している書評の一覧ページです。
カテゴリを選択することで、絞り込みできます。


↓サイト内検索もできます。

検索:

ジャングルの子―幻のファユ族と育った日々2017年10月12日 10:29

  
  
ジャングルの子―幻のファユ族と育った日々ザビーネ キューグラー(著)
松永 美穂 (翻訳)
河野 桃子 (翻訳)
  
  


書評:美しい著者が、復讐の応酬で絶滅寸前になっていた幻の民族をキリスト教者の愛が救うというストーリーを基調にしながら、ファユ族と育った日々こそ本物だったと語る変な本

ジャングルで叫び声をあげるのは生命が危険にさらされる状況のなかだけで、誰かを殺そうとしているときか、殺される恐怖を感じたときだけだ。

お金がなくても田舎暮らしを成功させる100ヶ条2017年09月18日 19:46




書評:「田舎暮らしに甘い幻想をふりまかないライター」による格差社会からの逃亡者向け田舎生活成功のための100カ条

重ねて強調したいのは、自給自足すればお金はかからない、田舎に住めば生活費が削減できる、という先入観を持たないこと。なかには交際費を惜しんで地域と距離を保ち、仙人のような生活をめざす人もいるが、愚の骨頂である。

ブッシュマン、永遠に:変容を迫られるアフリカの狩猟採集民2017年09月16日 22:40




書評:700万年間続いた人類の生活は、こんなにも充実した楽しい生活であったのかと思わせる描写から始まって「近代化」による変容を描くことに重点を置いた本書は、日本のブッシュマン研究者たちの紹介にもなっている

いってみれば、彼らの頻繁な移動生活は、お気に入りのごちそうをつまみ食いして歩く生活なのであり、移動のサイクルを一巡して戻ってくるころには、すでに自然の食卓はもと通りに復元しているのである。

世界あやとり紀行―精霊の遊戯2017年09月02日 22:28

  
  
世界あやとり紀行―精霊の遊戯シシドユキオ (著), 野口廣 (著), マーク・A・シャーマン (著)
  
  


書評:自然発生的に世界各地で生まれたあやとりは、西洋文明の発達と普及に伴い消えていったという。あやとりという行為に伴う精神活動に、人が人であるためのヒントがあるのかもしれない。

各地のあやとりは、原住民たちを巡る自然、動植物、環境、風俗、習慣などを実に生き生きと表現し、彼らの喜び、悲しみ、信仰すらをも現代のわれわれに大きな感動をもって伝える卓越した原始芸術である

山の仕事、山の暮らし2017年07月31日 12:14

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山の仕事、山の暮らし [ 高桑信一 ]
価格:2592円(税込、送料無料) (2017/7/31時点)




書評:山の仕事は多様だ。山岳救助隊、山小屋経営、登山ガイド、ユリの栽培、天然氷の製造。ぜんまいとり、狩猟、サンショウウオとり。養蜂、峠の茶屋、ウルシカキ、炭焼き。山は厳しく、山は自由だ。

文明の発達にともなって、これからも人間はますます山を捨て、保全や管理と称して、機械力で自然を意のままにしようとするだろう。けれどいつかは知らず、科学の最先端を希求するひとびとが増えるにつれて、二極分化のようにして原生の森を生活の糧として見直さなくてはならない時代が必ずくる、と私は固く信じている。

「阿修羅」の呼吸と身体―身体論の彼方へ2017年05月27日 22:35

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「阿修羅」の呼吸と身体 身体論の彼方へ [ 勇崎賀雄 ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2017/5/27時点)




書評:脳化社会などと言って澄ましてはいられない現代人にとって、これはなかなか大変な本だ。

やがて"般若"の思想、"空"の思想と呼ばれる初期大乗仏教が興りこの考え方を厳しく否定することになる。"言葉"に対応する実体的な存在などあり得ないというのである。

50代からの休みかた上手2017年04月24日 10:09

  
  
50代からの休みかた上手大原 敬子
  
  


書評:ニッポン放送「テレホン人生相談」で長年にわたって回答者を務める著者が、在野の人であった曽祖母・大原とめの理念を伝える

生きる技術としての知恵は、昔は親から子へという具合に受け継がれていました。社会の中でも、先人が自分たちの経験の中から得た知恵を子孫に伝える仕組みができていました。しかし、現代は核家族化、社会での触れ合いの欠如などによって、先人たちの知恵はほとんど伝わらなくなっています。

内観法2017年01月31日 20:49

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 内観法 /吉本伊信(著者) 【中古】afb
価格:1500円(税込、送料別) (2017/1/31時点)




書評:内観法は洗脳なのかそれとも自己暗示や伝統的な成人儀礼にも通じる手法なのか

嘘と盗みだけは皆が犯して居る上に、罪と考えていない人もあるので、人から泥棒とか嘘つきと言われると立腹しますから内観のテーマとしては適当です。

平等と不平等をめぐる人類学的研究2017年01月27日 20:33

  
  
平等と不平等をめぐる
人類学的研究
寺嶋秀明(編集)
  
  


書評:人類学者が平等性を考えるとき、金持ちに対する陰口や噂は、金持ちの身勝手な行動を抑制するための重要な要素となるのだ。

私有地であれ(共有地であれ)、それが村落内の土地であれば、その私有地に総有の網がかぶされているというのである。 つまり、その私有地は所有者個人の判断でまったく自由に売買できるものではなく、村落にお伺いをたてるのが筋という性格のものだというのである。