書評 一覧

るびりん書林 別館でご紹介している書評の一覧ページです。
カテゴリを選択することで、絞り込みできます。


↓サイト内検索もできます。

検索:

貝げらのめがね―自然は子どもをどのように遊ばせるか2017年10月15日 22:30

  
  
貝げらのめがね
―自然は子どもをどのように遊ばせるか
山口孝雄 (著)
  
  


書評:愛知教育大学の学生の頃から自然の中での子どもの遊びを調査しつづけた山口氏の定年退官を期して出版された写真を主とする本

遊びは、原始の心を復活する。

治療という幻想―障害の医療からみえること2016年12月10日 09:41

  
  
治療という幻想
―障害の医療からみえること
石川憲彦
  
  


書評:優生学、カトリシズム、母体の健康…、人道主義、イデオロギー、権力…。現場から見る問題点。

発作は誰にでも起こり得る脳の自然な現象の一つである。自らのなかの自然な可能性を存在しないこととしてのみ、他の安全な子どもは存在を認められる。 つまり、てんかん者が自分自身をさらけ出せない社会とは、非てんかん者も、自分の可能性をさらけ出せない社会である。

知能公害(反教育シリーズXI)2016年12月09日 21:55

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

知能公害 (1973年) (反教育シリーズ〈11〉)【中古】
価格:6458円(税込、送料別) (2016/12/9時点)




書評:子どもを選別して画一的な教育を施す意味を考えると社会そのものの在り方が問われて来る

知能テストとは本来社会的事象にすぎないものをあたかも生物学的事象であるかのように粧って把えようとしているにすぎない

15歳の寺子屋 ゴリラは語る2016年11月02日 09:11

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴリラは語る [ 山極寿一 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/11/2時点)




書評:冷たいが懐の深い自然の中で生きるゴリラを通じて、見えるヒトの社会

人間もうれしいときには目を輝かせますが、ゴリラは人間以上に光ります。目の色が変わるのです。

間引きと水子―子育てのフォークロア―2016年09月03日 18:32

  
  
間引きと水子
―子育てのフォークロア―
千葉 徳爾 (著)
, 大津 忠男 (著)
  
  


書評:「オカエシモウス」と霊界にお返しする都から遠い人々、言葉を残さない都に近い人々

「間引き」は一つの文化現象であって、単なる嬰児殺害ではなかった

私が直す!2016年08月09日 11:31

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

私が直す! [ 戸塚宏 ]
価格:1058円(税込、送料無料) (2016/8/9時点)




書評:人は「生きたい」自分を感じたとき生きる力が湧くのだ

1980年代に訓練生の死亡事件をきっかけにマスコミから大いに叩かれていた戸塚ヨットスクールの戸塚校長が逮捕直前に書いた本。同校のWebサイトに全文掲載

写真集 ヒトが人間になる ― さくら・さくらんぼ保育園の365日2016年07月12日 20:52

ヒトが人間になる [ 川島浩 ]
価格:4860円(税込、送料無料)




書評:■真の子ども集団というすばらしさ良き集団のなかにあってのびる個と、家庭教育による育ちの融合を目指した保育園で育つ子どもたちの様子を伝える写真集■

『児童の世紀』を書いたエレン・ケイと、「家庭と学校」と題した論文を書いた、レーニン夫人クルプスカヤの二名に強く影響を受けている保育園

事故と事件が多発するブラック保育園のリアル2016年07月12日 19:50




書評:■保護者にも保育士、経営者にも役立つ実践知識を提供■

園児の死亡事故の98%は次の3つの状況に集中しているそうです。
・寝ている時に突然死する
・食事(おやつ)を食べている時、誤嚥で窒息死する
・水遊びをしている時に溺死する

ピダハン 「言語本能」を超える文化と世界観2016年07月11日 20:16

ピダハン [ ダニエル・L.エヴェレット ]
価格:3672円(税込、送料無料)




書評:■人類の未来図:直接体験の原則(IEP)■

これだ!とある日わたしは思った。ピダハンの言語と文化は、直接的な体験ではないことを話してはならないという文化の制約を受けているのだ。