書評 一覧

るびりん書林 別館でご紹介している書評の一覧ページです。
カテゴリを選択することで、絞り込みできます。


↓サイト内検索もできます。

検索:

動物の死は、悲しい?―元旭山動物園 飼育係がつたえる命のはなし (14歳の世渡り術)2016年07月12日 21:47




書評:■生、仕事、動物、さまざまな要素が詰まった本■

ぼくの描く動物は命が"びかびか"輝いていなくちゃいけない。それはたくさんたくさん、ぼくの心と体を通っていった動物たちの上に成り立っているからだと思う。

アルピニズムと死―僕が登り続けてこられた理由2016年07月12日 20:37

アルピニズムと死 [ 山野井泰史 ]
価格:820円(税込、送料無料)




書評:■「山に死がなかったら、単なる娯楽になり、人生をかけるに値しない。」■

動物としての能力を発揮できる機会を守っていくことのほうが、山で生き残る上で重要に思えてならない

人間が好き―アマゾン先住民からの伝言2016年07月11日 19:39

人間が好き [ 長倉洋海 ]
価格:2808円(税込、送料無料)




書評:■人間■

生も死も 祖先とつながる川の流れの一部なのです
ですから 死をおそれることはありません

サバンナの動物親子に学ぶ2016年07月11日 13:46

サバンナの動物親子に学ぶ [ 羽仁進 ]
価格:1620円(税込、送料無料)




書評:動物たちは生と死という大問題を考えたことがある。しかし、死を避ける工夫よりも生を楽しむことに重きをおいている
死なないことや、将来の不安ばかりにとらわれていると、生きること自体ができなくなるのではないか?

幸せな旅立ちを約束します 看取り士2016年07月11日 12:57

看取り士 [ 柴田久美子 ]
価格:1404円(税込、送料無料)




書評:■幸せに旅立つことのできるよう看取りを支援する新しい職業「看取り士」。■
客観的事実よりも大切な主観的事実。信じる世界を生きるとき、私たちは幸せに死ぬことができます。高齢化社会でますます重要になる一冊です。